HOME 会社概要 MY PAGE 会員登録 当サイトについて カゴの中を見る
 
商品名を入力   


商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

ログイン

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • TCgɂ‚
  • ₢킹
  • 菤Ɋւ@
  • ԕiɂ‚
  • vCoV[|V[

エバメール ゲルクリーム 詰替1000g レギュラータイプ

エバメールゲルクリーム
◆ゲルクリームの内容成分
水, グリセリン, BG, スクワラン, アボカド油, グリチルリチン酸2K, アラントイン, 水溶性コラーゲン, ヒアルロン酸Na, オウゴンエキス, ビフィズス菌発酵エキス, ダイズエキス, クロレラエキス, カワラヨモギエキス, アロエベラ葉エキス, トコフェロール, 黒砂糖エキス, カラメル, 海塩, アルギン酸Na, カルボマー, 水酸化K, メチルパラベン
◆1日のお手入れ
●夜のお手入れ
洗顔後の清潔なお肌に、さくらんぼ1つ分程のゲルクリームをなじませて、お手入れ完了。
ポンプタイプで2プッシュが目安です。
潤い成分を凝縮したゲルクリームが水分を逃がさず、寝ている間にお肌に行き渡ります。

●朝のお手入れ
洗顔後のお肌に薄くゲルクリームをなじませて完了。
寝ている間にお肌に行き渡った水分が、日中も潤いをキープします。
◆全身保湿ケア
全身保湿ケア
▼「ポンプ500 S」と「ポンプ500」の違いについて▼

ポンプ500 Sは詰替えに専用の詰替500を用います。
中身に触れることなく、簡単に詰替えをすることができます。

ポンプ500は一般のシャンプー容器等と同じ構造で、詰替えには汎用の詰替1000を用います。
「詰替1000」はポンプ500の他、ジャータイプ、プッシュタイプの詰替えにもご利用いただけます。

ポンプのみをお使いの予定の方には「ポンプ500 S」を、
ジャータイプ、プッシュタイプ等もお使いで、全て「詰替1000」で詰替えされたい方には「ポンプ500」をお勧めします。


環境に配慮した詰替えタイプ。
保存にも便利なキャップ付。
内容量1000g。約4ヶ月分。500g Sタイプの詰替えにはご利用いただけません。

成分 水, グリセリン, BG, スクワラン, アボカド油, グリチルリチン酸2K, アラントイン, 水溶性コラーゲン, ヒアルロン酸Na, オウゴンエキス, ビフィズス菌発酵エキス, ダイズエキス, クロレラエキス, カワラヨモギエキス, アロエベラ葉エキス, トコフェロール, 黒砂糖エキス, カラメル, 海塩, アルギン酸Na, カルボマー, 水酸化K, メチルパラベン
内容量 1000g(約4ヶ月分)
ご注意

ポンプ500g Sタイプにはご利用いただけません。

区分 化粧品
広告文責 株式会社シーディ 0120-19-9989

エバメール ゲルクリーム 詰替1000g レギュラータイプ
商品コード: 4571262440089-00-024

エバメール ゲルクリーム 詰替1000g レギュラータイプ

販売価格(税込) 9,237 円
通常価格: 14,742 円
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声



二日酔い・悪酔いの薬、黄色と黒のグットAのことなら、くすりのインディアン

◆ 医薬品の使用期限 ◆
 1年以上の使用期限のものを販売しております。
 (※上記よりも期限が短いものは各ページに記載致します。)





医薬品販売業許可証の情報
許可区分 店舗販売業 店舗販売業者 株式会社シーディ
許可番号 210145 店舗の名称  くすりのシーディ
許可年月日 平成28年6月18日 店舗の所在地 埼玉県草加市谷塚上町575-6
有効期間 平成28年6月18日から平成34年6月17日まで 許可証発行者 埼玉県草加保健所
特定販売(インターネット販売)届出書の情報
届出年月日 平成22年6月18日 届出先 埼玉県 県知事
医薬品販売(相談応需含む)に従事する専門家の情報
・店舗の管理者
 資格の名称 薬剤師
 氏名 柴田恭志
 登録番号 第163112号
 登録先都道府県 東京都
 担当業務 販売・相談・発送
・店舗の管理者以外で店舗に勤務する専門家(薬剤師・登録販売者)
 資格の名称 登録販売者  
 氏名 土佐林秀樹  
 登録番号 第11-12-00427号
 登録先都道府県 埼玉県  
 担当業務 販売・相談・発送
・薬剤師および登録販売者の勤務状況
 薬剤師   柴田恭志   月曜~金曜日 日曜日  10:00~18:00

 登録販売者 土佐林秀樹  月曜~土曜日      10:00~18:00
厚生労働省薬剤師資格確認検索システムはこちら
 
勤務する者の名札等による区別に関する説明
薬剤師 「薬剤師」の名札に白色白衣
登録販売者 「登録販売者」の名札
一般従事者 上記以外のユニフォーム
 
取扱う要指導医薬品及び一般用医薬品の区分
第1類医薬品、指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
 
医薬品販売店舗の営業時間
インターネットでの注文受付時間 注文は24時間365日承っています
実店舗の営業時間 毎週月曜日~日曜日 10:00~18:00
インターネット販売の医薬品販売時間(薬剤師または登録販売者が常駐している時間) 毎週月曜日~日曜日 10:00~18:00
 
専門家が相談応需を受ける時間および連絡先の情報
・通常時
電話番号 フリーダイヤル 0120-19-9989(携帯電話からは 048-924-3981)
メールアドレス cd@kusuri1.co.jp
相談応需時間 月曜日~日曜日 10:00~18:00
・緊急時
電話番号 048-924-3391
営業時間外の相談応需時間 18:00~21:00迄
 
実店舗の写真
店舗・店内写真
 
要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項
 要指導医薬品とは 販売時に薬剤師による対面での情報提供・指導が義務付けられた医薬品。
医療用医薬品から一般用医薬品に移行したばかりで安全性評価が終わっていない
市販品(スイッチOTC薬)と劇薬がこれにあたる。
 第一類医薬品とは 一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分を含むもの。
(例)H2ブロッカー含有医薬品、 一部の毛髪用医薬品など
 第二類医薬品とは まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。
(例)主な風邪薬、解熱鎮痛薬、解熱鎮痛剤など
(第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品は、指定第二類医薬品として指定されています。)
 第三類医薬品とは 日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。
(例)ビタミンB、C含有保健薬、整腸剤など
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の表示に関する解説 表記する医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」、「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については、「二」の文字を枠で囲みます。
一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。
また、直接の容器又は直接の被包の記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。
要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品の情報の提供に関する解説 第一類医薬品、第二類医薬品及び第三類医薬品にあっては、各々情報提供の義務・努力義務があり、対応する専門家が下記の表のように決まっています。

※くすりのシーディでは、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品を取り扱っています。

医薬品のリスク分類 質問がなくても行う情報提供 相談があった場合の応答 対応する専門家
要指導医薬品 義務(対面・文書) 義務 薬剤師
第一類医薬品 義務(文書)
第二類医薬品 努力義務 薬剤師又は登録販売者
第三類医薬品 不要
指定第二類医薬品の販売サイト上の表示等の解説および禁忌の確認・専門家への相談を促す表示 サイト上では、指定第二類医薬品を【第(2)類医薬品】と表示します。また、すべての指定第二類医薬品について、禁忌事項の確認を促すための表示、注意喚起を行っています。特に小児、高齢者他、商品ページ内または注意喚起を促すページ内の禁忌事項に該当する場合は、重篤な副作用が発生する恐れがあるため、薬剤師または登録販売者までご相談ください。
サイト上の表示に関する解説 第一類医薬品を【第1類医薬品】、指定第二類医薬品を【第(2)類医薬品】、第二類医薬品を【第2類医薬品】、第三類医薬品を【第3類医薬品】と表示します。

くすりのシーディでは、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品を取り扱います。
一般用医薬品の店頭での陳列に関する解説 リスク区分された医薬品は、リスク別に陳列します。専門家不在の場合は医薬品売り場を閉鎖します(閉鎖時の販売はできません)
※実店舗での取り扱い一般用医薬品:第1類医薬品・指定第2類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品
1)リスク別陳列
・同じ薬効(例えば胃腸薬や目薬など)群でもリスクが混在しないように、リスクごとに集合させた陳列を行います。
2)要指導医薬品および第1類医薬品の陳列
・薬剤師より対面で直接情報提供を受けて購入していただくために、お客様が直接手に取れない陳列となっております。 要指導医薬品は取り扱っておりません。
・購入をご希望のお客様は、お近くの係員にお申し付け下さい。
3)指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の陳列
・許可を受けた医薬品売り場に陳列します。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説

【健康被害救済制度】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構は医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組んでいます。

【救済制度相談窓口】
電話: 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:30)
電子メール: kyufu@pmda.go.jp

【医薬品副作用被害救済制度】
くすりの副作用による健康被害には、医薬品副作用救済制度が適用されます。
これは、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。

 医薬品は、人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を 払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正 に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作 用被害救済制度です。この医療費等の給付に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。
販売記録作成にあたっての個人情報利用目的 くすりのシーディではお客様とのやり取りの中で得た個人情報をくすりのシーディ以外の第3者に渡したり、利用したりする事は決していたしません。 どうぞ安心してご利用ください。
医薬品の安全販売のための業務手順書
 医薬品の販売における安全対策として以下の通り業務を遂行します。
 1.情報提供 ・販売に関する許可を有することを、トップページ及び会社概要ページに記載しています。
・各商品ページの情報は、医薬品の外包・使用上の注意に記載される情報をもとに作成しています。
・使用方法などのご相談は、薬店の薬剤師がお答えします。以下の連絡手段をご利用いただけます。
<ご連絡先>
メールで相談する場合
メールアドレス: cd@kusuri1.co.jp
電話で相談する場合(受付時間:平日10:00~18:00)
フリーダイヤル:0120-19-9989(携帯電話からは 048-924-3981)
 2.申込み ・商品により、1回に注文できる販売個数制限を設けております。
 3.申込み承諾 ・申込みの内容に不明な点がある場合、購入目的等を確認させていただくため、薬剤師からご連絡をさせていただく場合があります。
・薬剤師により、販売が適切でないと判断される場合は、ご注文をキャンセルさせていただく場合があります。
 4.引渡し ・不審な購入申込みによる出荷がないか、商品発送業務の管理を徹底しております。
 5.販売後の対応 ・薬剤師がご相談に対応します。
・必要に応じ、お客様に必要な情報をメール等で提供します。
 6.医薬品の使用期限 ・1年以上の使用期限のものを販売しております。
 (※上記よりも期限が短いものは各ページに記載致します。)